アメリカのド田舎モンタナ州の自然と生活、そして私のお仕事であるツアー情報を紹介してます。                           

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小鹿のバンビは、かわいいな!

近所のイエローストーン川沿いにある秘密のスポットでモーラルマッシュルームを探していたところ、、、、、
おっと、あぶない !! 
危うく踏みつぶすところでした  

(注)モーラルマッシュルームとは、日本でのマツタケのような存在と言えるとっても貴重なマッシュルーム。


踏みつぶしそうになったのは、マッシュルームではなくて、


baby deer 3
生まれて2、3日のバンビちゃん 

baby deer 2



baby deer 1
バンビちゃんと私の間、たったの30cm
こんなに大接近しても、バンビちゃんはピクリとも動かずじっとしている




野生の動物はそれぞれに異なる方法で子どもを守ります。
イエローストーンでよく見られるエルクやシカの親は、子どもを草むらの中に隠して、自分は敢えて離れた場所へ立ち去ります。
何があろうと、何時間でも、親が帰って来て「よし!」の合図を出すまで、子どもは一人で辛抱強くその場で待っています。
エルクやシカの赤ちゃんは体臭がないので、天敵のオオカミなどが匂いを嗅いでやってくることはありません。
私が偶然見つけたバンビちゃんも、お母さんからの言いつけを守っている最中の子だったんですね。
私がオオカミでなくて、よかった、よかった。



その他、例えば、

巨大な体のバイソンは、子どもたちを大人が囲んで外敵から守ります。

クマは危険を察知すると、子どもを木に登らせます。エルク同様に、親の許可が出るまで子どもは木の上でいつまでもじっと待機します。

オオカミは定期的に家族で引っ越し、同じ巣に長期住んで子どもが敵に見つかることを防ぎます。

誰に教えられるでもなく身を守る術を知っている自然の力に拍手 




bison babyies 3

子ども連れのバイソンの群れ

bison babies 2



5、6月にイエローストーンに行くと、かわいい動物の赤ちゃんが見られますよ。










スポンサーサイト

コヨーテとビニール袋

イエローストーンで道路端に車がたくさん停まっていたら、その辺に何か動物がいるというサイン。
もちろん期待に胸ふくらませて私も停まって、キョロキョロしてみます 

そして時々は、私が第一発見者になることもあります!!
・‥‥そういう時は、後から続く人たちに自慢タラタラ・‥‥

今日は私たちが一番に見つけたコヨーテを紹介します。
でも、第一発見者となった喜び+自慢物語ではありません。


coyote 1
6月のある日、誰もいないヘイデンバレーでのんびりしていたら、視界下方向に白い動く物体登場


cayote 2
「コヨーテだ!!」
だんだん私たちの方へ坂道を上って来る




cayote 3
ん?、何か見つけた様子・‥‥



cayote 6
やだ~~~、ビニールのシートじゃないですか



cayote 4
食べ物もにおいでもするのか、しばらく噛みちぎって



cayote 5
おいしくないとわかって、立ち去ったのでした



以前、グリズリーベアがスーパーの袋を手(と口)にしているのや、バイソンの体にシールがくっついているのを見たことがあります。誰かが故意に物を捨てているのではないと思いますが、こういうのを見るとがっかりです。例えば、一度でも人間の生活の中の食べ物(ゴミ、エサ、ドッグフード等々)に味をしめたクマは、人間に食べ物を期待して襲ってくる可能性が高まると言われます。




dayote 8
このコヨーテはビニールシートで何を学習したのでしょうね。




ところで、今年はコヨーテをたくさん見ました。
(ツアーで出かけた80%くらい)


可愛い2頭の写真をお楽しみください。

cayote 14
うちの犬みたい


cayote 12
やさしい表情だと思いません?




小動物 ・・・マーモット、リス、カワウソ・・・

広大なイエローストーン国立公園、
急ぎ足だとバイソンやエルクなど大型動物にしか目が行きませんが、ゆっくりと時間をかけて回るとたくさんの小さなかわいい動物たちに逢えますよ    



marmot 3
マーモット 
このような岩場に立って辺りを観察している姿をよく見かける。
マーモットの地下の巣は複雑な迷路になっていて、誰をも寄せ付けない。
危険を感じるとサッと巣に逃げ込み、身の安全を守る。




marmot 2
観光客がたくさん訪れるアッパー滝(ブリンク オブ ザ アッパーズ)の崖っぷちで、人間ウォッチング中。
足元の滝壺に夢中になっている観光客は、自分たちが上から見られていることに気づいていなかった。





chipmunk 1
チップマンク
9月になると、特にチョロチョロと走り回ってエサを集めている。
チップマンクの越冬スタイルは、半冬眠。時々目覚めてはエサ貯蔵庫に保存しているエサを食べるので、秋はエサ集めに大忙しなのだ。




ground squirrel
ジリス
こちらは完全冬眠をするので、割とのんびりと秋の1日を楽しんでいる(ように見える?)。






river otter 2
カワウソ     river otter 1
フィッシングブリッジの下にいた。
川に飛び込んで魚をゲットしては橋桁に戻ってきてムシャムシャ食べて、また川に飛び込んで魚をゲットして、、、、、何度も何度もその繰り返し。
すっごく食欲旺盛だ!








クマ ・ その2

執念でクマとの出会いを果たした私たちは、まだ冷めやらぬ興奮状態のまま、リビングストンへの帰途につきました。

車の中では「私たちって、ほんとについてるウ!!」を連発しながら、本日の成果を100倍楽しむ2人でした

そして、幸せいっぱいの私たちに、突然、更なる幸運が・・・・・



「あっ!! クマがいる!!!!」 ( Fさんの叫び    )




bear 5
な、なんと、 巨大なブラックベア が、すぐそこに!!!!




場所は、ハイウェイ89号線のイエローストーンとリビングストンのちょうど真ん中あたり。私が大好きなチコ温泉の近くです。家族でよく釣りに行くスポットでもあり、うれしいような怖いような、、、、、





bear 7
「クマさん、クマさん」と呼ぶ声にびっくりして、逃げだした。




bear 8
スタコラ サッサ




bear 10
スピード ア---ップ !!!!





bear 11
とりあえず、藪の中に隠れようっと



いつも普通に暮らしている所でクマに出会えるなんて、何て幸せなんでしょう!と、涙が出そうなくらい感激しました。

イエローストーンツアー中、たっくさんの動物を見つけてくださった(ガイドの私より目がいい!)Fさん、本当にありがとうございました。

写真提供もFさんです。Thank you very much.





クマ

9月23日、この日は最高にラッキーな日でした。

前日までお客様のFさんとイエローストーンとグランドティートンを4日間回って、
「エルク・・・見た
「バイソン・・・見た
「プロングホーン・・・見た
「ビッグホーンシープ・・・見た
「ムース・・・見た
「シカ・・・見た
「白頭ワシ・・・見た
「カワウソ・・・見た
「その他小動物・・・いっぱい見た

・・・しかし、
「クマを・・・・・見てない!!!!

もう残念で、残念で、悔しくって、悔しくって、どうしてもクマを見たいので、予定変更してイエローストーンをあと1日延ばして廻ることにしたのです。

「クマを見るまでは帰りませんゾ!!」という固い誓いを胸に、翌日の23日、二人はイエローストーンへと再び向かったのでした。



・・・・・・・・・・念ずれば通じるもので、、、、

black bear
ヤッター!!!
ブラックベアとの涙の出会い




bear 3
しかも、私たちは、ほぼ第一発見者なり。
後から次々と集まってくる人たちに、「It's a black bear!」 と得意げに教えまくった。




この後すぐにまた別のクマに出会ったのですが、「さっきより遠いからもういいね。」と余裕綽々の態度で、写真も撮らずに通り過ぎました。


そして、この日の幸運はまだまだ続きます。



プロフィール

Kiyomi

Author:Kiyomi
家族: アメリカ人の夫一人
     16歳と15歳の息子二人
     看板犬一匹

熊本市からアメリカのモンタナ州に引っ越してきて10年目。

モンタナの大自然をこよなく愛する。

「イエローストーンホライゾンズLLC」というツアー会社、それにベッド&ブレックファストと貸コテージを経営し、世界中のお客さんと楽しく夏を (冬も)過ごしている。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。