アメリカのド田舎モンタナ州の自然と生活、そして私のお仕事であるツアー情報を紹介してます。                           

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地球にやさしいプロジェクト

グランドティートン国立公園には「 Water Filling Station :水汲み場」 がビジターセンターやロッジなどに設置してあり、だれでも自由に水筒などの容器に水を詰めることができます。


「Water Filling Station」の利点は、
①タダで、水が飲める!
②100%ピュアな水で、おいしい!
③プラスチックボトルのゴミ削減!
 グランドティートン国立公園近辺で毎日5000本のプラスチックボトルが出回り、ボトルのリサイクル率60%だそうです。つまり、2000本はゴミとなっているのです。


save water 1
コルターベイにある「Water Filling Station」
グランドティートン滞在中、私もここで毎朝水をいただきました 




save water
地球にやさしくて、おいしくて、タダですもん。
いいことだらけですよね 




イエローストーン国立公園にも「Water Filling Station 」あります。
save water 3
マンモスホットスプリングスのギフトショップ内の「Water Filling Station 」
save water 4




他にも公園では地球にやさしいプロジェクトがたくさん実施されています。
ボードウォークのリサイクル素材化
諸施設の節電、節水、リサイクル促進 アップグレード
職員の相乗り通勤促進
公用車のハイブリッド車起用
等など・・・


これから公園に来られる方、あちらこちらで気づかれると思いますよ。



save water 5
オールドフェイスフル ビジター エデュケーショナル センターのトイレの張り紙

無駄な電灯廃止、
自然な空気の流れを利用した空調設備、
無駄なところを暖めないヒーティングシステム、
水洗の水量節約、
野外用灌漑用水なし 

など、施設のポリシーを訴えている。





save water 6
2004年にトヨタ自動車が4台寄付して以来、レンジャーが使う車もハイブリッドカーに変わりつつある。








スポンサーサイト

グランド間欠泉 & キャッスル間欠泉

オールドフェイスフル間欠泉があるアッパーガイザーベイスンは、世界一多くの間欠泉が集まっている場所です。

たくさんある間欠泉のうち、噴出時刻が予測できる間欠泉は6つです。

あのオールドフェイスフル間欠泉は別として、それぞれの噴出時刻の間隔は10時間とか20時間とか、かなり長い時間なので、本を読んだり編み物したり昼寝したりして噴出を待っている人たちもいますよ。  




間歇泉1

トレイル(木道)の左右には大小様々な間欠泉や温泉が存在する。
歩いて行くすぐそばで、ゴボッ、ボコッ、ゴボゴボ・・・という音とともに突然水が噴きあがったりして、オドロキの連続。
静かな温泉のように見えるが、実はこれも元気な間欠泉。


突然、複数の穴からの噴水が始まった。

間歇泉2






グランド間欠泉
間歇泉3

噴出時刻が予測できる間欠泉の中で、世界一大きなもの。
(イエローストーンの解説をする時、「世界一」という表現のオンパレードで恐縮・・・・でも事実なのです)

*噴出・・・・9~12時間に一回
*噴出の高さ・・・・最高60m
*すぐ隣のターバン間欠泉が活発になってきたら、グランド間欠泉もいよいよもうすぐだという合図
*波ひとつない穏やかな温泉プールから、突然ドバーっと噴き出す・・・すごい迫力!


間歇泉4
この日、私たちは2時間待った。

たった2時間で「世界的」間欠泉の噴出を拝めたこと、2時間もの間じっと待つ余裕のある旅だったことに、感謝・感謝。

(ちなみに、写真のお二人は、私たちより前から座っておられました。)






キャッスル間欠泉
間歇泉5

*中世のヨーロッパのお城のように見えるので、キャッスルの名がついた。
*噴出は、10~12時間に一度
*噴出の高さ27mで、約20分続く


間歇泉6

待ち人のためにベンチが置いてある正面(?)よりも、この方向から見た感じが、私は好き。





オールドフェイスフル間欠泉

イエローストーン国立公園で最もたくさんの人が集まるところ
・・・・・・・・・ほんとに、どこからこんなに人が集まったのだろう?といつも感心します。

運が悪くても、必ず見ることができるもの
・・・・・・・・・野生動物は、そううまくはいきませんからネ。


それは、「オールドフェイスフル間欠泉」です。



間歇泉9
熱水噴出予定時刻の30分前には、もうこんなに人がいっぱい。
みんな、今か、今か、と待ちうける。

家族連れ、恋人同士、団体御一行様、アメリカ人、中国人、ドイツ人、インド人、フランス人、日本人、、、、
ここでは、人間ウォッチングも私の密かな楽しみ。




間歇泉8
予定時刻が近付くとパークレンジャーがやってきて、解説してくれる。

「オールドフェイスフルは、イエローストーンで一番大きな間欠泉ではありません。 一番きれいな間欠泉でもありません。それなのに、遥か地球の裏側からも見に来る人がいる。それは、なぜなのでしょうねえ?」

   
  ( えっ? それって、私たちのこと? )

「それは、オールドフェイスフルが90分に一度、きちんきちんと噴水してくれるからなんですねえ。オールドフェイスフルは、25,000年前からず~っと変わらぬ姿で淡々と規則的に噴水を繰り返してきているんですよ。その忠実な態度がお客さんに受けてるんですねえ。・・・・・」

「・・・それにしても、今回の噴水は遅れてますねえ。・・・ま、そのうちドーンと来ますよ。では、お楽しみください。」

と言って、去って行った。





間歇泉10

来ました!!

噴出は5分くらい続き、一度に14,000~32,000リットルの熱水を高さ30~50mまで噴き上げる。





イエローストーンで一番大きくはなくてもすっごく大きいし、イエローストーンで一番美しいとは言われなくてもとってもきれいです  







Lone Star Geyser  へのハイキング

イエローストーン国立公園のトレイルにチャレンジ・第2弾

先週末、Lone Star Geyser (ローンスター間欠泉)までのトレイルを歩いてきました。

このトレイルは、Old Faithful (オールドフェイスフル)のそばにあります。




lonestar geyser 14
オールドフェイスフルに着いたら、とりあえずオールドフェイスフルインで大好きなハックルベリーアイスクリームを食べて、エネルギー充填。

オールドフェイスフルインは、105年前に建てられた世界最大の木造建築。
使われている資材はすべてイエローストーン国立公園内で調達されているというのも驚くべき事実。
特に用事がなくとも、イエローストーンの歴史と趣に引かれてつい立ち寄ってしまう魅力溢れる場所である。





lonestar geyser 15
Kepler Cascades (ケプラー滝)
ローンスター間欠泉トレイルのスタートポイントは、ケプラー滝の脇にある。
ケプラー滝はオールドフェイスフルからウエストサム方面へちょっと行ったメインロード沿いにあるので、わかりやすい。
ケプラー滝の駐車場かトレイル入口の駐車場に車をとめて、ハイキングを開始しよう。






Lone Star Geyser 4
このトレイルは、片道2.5マイル。
平坦な舗装道路なので、距離の割には楽である。ガイドブックでも難易度は「EASY」となっている。
観光客でいっぱいのスポットからちょっと離れただけで、別世界の静かさ。





Lone Star Geyser 2
トレイル沿いには、Firehole Riverが流れている。
行きは、Firehole River 沿いを上流に向って歩くことになる。





Lone Star Geyser 6
思ったより楽に目的地に到着。
前回のハイキング(ビーバーポンドトレイル)に比べると、ラクラクだった。
自転車に乗っている人たちもいて、「なかなかグッドアイデア!!」と思わされた。





Lone Star Geyser 10
Lone Star Geyser
たくさんの間欠泉が集まるアッパーガイザーベイスンやローアーガイザーベイスンのにぎわいとは対照的に、ひとり(人間じゃないけど・・・)ぽつんと立っている。
だから Lone Star Geyser(孤独な星間欠泉)という名前がついてるのだろうなと、簡単に想像がつく。





Lone Star Geyser 8
柵がないので、すぐ近くまで行ける。 が、地盤がどうなっているかわからないので、要注意!
温泉水が噴き出したら、その水を体じゅうに浴びることになる。(過去、経験しました。とても楽しいです!!)





Lone Star Geyser 7
イエローストーンで2番目に大きな噴出を、約3時間毎に繰り返す。

・・・・・噴出の気配・・・・・・なし。
私たちが到着するちょっと前に噴出したばかりだそうなので、あと3時間待たねばならない。






Lone Star Geyser 9
こうやって、人々はのんびりと次の噴出を待つ。

私たちは、噴出を待たず、帰ることにした。 
アイスクリームを食べないで直行していたら間に合ったのに・・・・と悔やまれるが、また来ることにしよう。






Lone Star Geyser 1
同じ道をひきかえす。往復5マイルで、ゆっくり歩いて3時間くらいの軽いトレイルなので、初心者におススメ。




Lone Star Geyser 5
道沿いにはたくさんの花が咲いている。
うちの近所では見られない PAINTBRUSH を見つけた。
その名の通り、赤いペンキをたっぷり含んだブラシのような姿をしている。
実は赤い花のように見える部分は花ではなく、小さな黄色い花を囲んでいる包葉である。
また、自分の根を他の植物にくっつけて張ってそこから栄養分を吸い取っているというのも、おもしろい隠された事実だ。




今日のワンポイント
Lone Star Geyser へのハイキングをするならば、時間の余裕を持って出かけましょう。 もし3時間待つことになってもいいように、お弁当や本などを持って行くことをお勧めします。お昼寝も気持ちよさそうですね。
私も、次回はそうします。





ビーバー ポンド トレイル を歩く・・・・・はたしてビーバーに会えたか?・・・・

今年の夏の目標を 「イエローストーン国立公園のトレイルをできるだけたくさんハイキングすること」 と密かに決めた私は5月23日、息子2人を連れてまず近場の「ビーバーポンドトレイル」にチャレンジしました。

「ビーバーポンドトレイル」は、イエローストーン国立公園の北入口に近いマンモスホットスプリングスにあるリバティーキャップの横から奥に入っていくハイキングコースです。

「約8キロ(5マイル)、所要時間2時間、上り下りがところどころにある中級コース」 らしいので、私たちにちょうどよさそう・・・・かな? と勝手に判断して、いざ、しゅっぱ~つ!



リバティキャップの横の駐車場に車を置いてトレイルコースに入ると、もうそこは観光客のいない静かな空間~~~~これが何より最高なのです。




beaver ponds trail 1
「この時季は、やっぱ水が濁ってるなあ・・・・・」 釣り好きの息子は川の流れをチェック。


beaver ponds trail  4
「ある日~、森の中~、くまさんに~、出会~った~~~~」と、のんきに歌ってる場合ではない。
ほんとにクマに出会いそうで、怖くなってきた。
クマに私たちの存在を知らせて驚かせないよう、「ヘイ! ベア!」 とか 「ヨー! ベア!」 などと大きな声を出しながら歩く。
 



beaver ponds trail  6
アスペン林。
新芽はまだ開いてない。
ふ~~~、もう1時間以上歩いた。 ビーバーのいる池はどこだあ?!?!




beaver ponds trail  3
紛らわしいところには、このような目印。
ヘンデルとグレーテルになったような気分。




beaver ponds trail  8
あった! ビーバーのいる池!・・・・・と思ったけど・・・・・・




beaver ponds trail  7
まあ、いいかっ。 キツツキに会えたし、、、、、(写真はミスしました)




beaver ponds trail  9
こんなに大きなエルクの角を見つけたし、、、、、、(エルクは毎年冬に角が落ちて生え換わるのです)


ああ、もう2時間以上歩いてる~~~~




beaver ponds trail  10
あった! 今度こそ、ビーバーの池!!! ・・・・・たぶん





beaver ponds trail  11
だって、この池にはビーバーが作ったダムがある。
この木のダムの向こう側とこちら側の水位は50cmほどの差があった。





ビーバーにはお目にかかれなかったが、ビーバーポンドらしきものは見た。 じゃあ、戻ることにしよう・・・・・・・・



それから歩くことさらに1時間半、やっとリバティキャップ横の駐車場にたどりつきました。
このトレイルを私たちは結局3時間半かけて歩きました。 8キロの距離を3時間半って、遅い????

歩いた後の程よい疲れと充足感は癖になりそうで、今度はどこを歩こうかと、もう次のことを考えてる私です。




beaver ponds trail  12
その後、マンモスから車に乗ってノリス方面へ向かう途中、巨大なブラックベアに会いました。
クマはいつ見ても、ほんとに美しく、尊厳に満ち、そしてかわいいですね。
でも、トレイルをハイキング中にこのクマに会っていたら、やはり、怖い!

プロフィール

Kiyomi

Author:Kiyomi
家族: アメリカ人の夫一人
     16歳と15歳の息子二人
     看板犬一匹

熊本市からアメリカのモンタナ州に引っ越してきて10年目。

モンタナの大自然をこよなく愛する。

「イエローストーンホライゾンズLLC」というツアー会社、それにベッド&ブレックファストと貸コテージを経営し、世界中のお客さんと楽しく夏を (冬も)過ごしている。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。