アメリカのド田舎モンタナ州の自然と生活、そして私のお仕事であるツアー情報を紹介してます。                           

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボイリング リバー (イエローストン国立公園)

冬の間イエローストン国立公園内の道路はほとんどが交通止めですが、北入り口から入ってマンモスホットスプリングスと北東入り口の間を東西に走る道路(約85Km)は一年中開通しています。私の住むリヴィングストンは北入り口まで1時間しかかからないので、時々行っては冬のイエローストンを楽しんでます。

11月28日、家族揃って久しぶりにイエローストンに向かいました。目指すは、ボイリングリバー・・・・ その名の通り、沸き立つ川。 185185


boiling river 1
ボイリングリバーに入るゾ!!!
北入り口からマンモスホットスプリングスに向かう途中、左側を流れるガーディナー川に流れ込んでいる温泉スポットがボイリングリバー。

うまく石を組んでちょっとした足場は造ってあるものの、ほとんど自然のまま・・・・これこそ正真正銘の総天然露天風呂。真冬は-30℃の寒さの中を温泉場まで歩くことになり、天国と地獄を同時に味わえて楽しい。

写真の手前が温泉、石の向こう側は氷のように冷たい水。湯と水の交じり合う箇所で、「ヒャー、冷たい!!」「ギャー、熱ちっち!!」と悲鳴をあげながら、お好みの温度の場所へと進む。



boiling river 2
だいぶお湯に近づいて来た来た。 いい感じ~。





boiling river 3
ん~~~。 いい湯だな~。
でも、湯気がたちこめて何も見えない・・・スミマセン。


以前は知る人ぞ知る秘密の場所だったのに、最近はいつも先客ありで残念です。看板の説明によると、シーズン中は1日に200人が訪れているとか・・・。 温水と冷水が交じり合うこのスポットには独特な自然体系がみられます。珍しい水生植物や鳥、昆虫などなど。12月にはブラウン鱒が産卵のため上ってきます。人間はこの温泉にちょっとだけお邪魔させてもらい、大事に使わせてもらうことにしましょうね。 186186

スポンサーサイト
プロフィール

Kiyomi

Author:Kiyomi
家族: アメリカ人の夫一人
     16歳と15歳の息子二人
     看板犬一匹

熊本市からアメリカのモンタナ州に引っ越してきて10年目。

モンタナの大自然をこよなく愛する。

「イエローストーンホライゾンズLLC」というツアー会社、それにベッド&ブレックファストと貸コテージを経営し、世界中のお客さんと楽しく夏を (冬も)過ごしている。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。