FC2ブログ

アメリカのド田舎モンタナ州の自然と生活、そして私のお仕事であるツアー情報を紹介してます。                           

地球にやさしいアート

リヴィングストンに住む日本人アーティスト、ちよ子さんを紹介します。

数年前、流し台の上の野菜を見ていてふとあるアイディアが浮かびました。
「この野菜を使って何か表現できないかしら・・・?」
「そうだ、野菜をしぼって絵の具を作ってみよう。それで絵を描いてみよう。素敵な作品が生まれそうな気がするわ。」

ちよ子さんはニンジンやほうれん草、タマネギ等いろんな野菜を搾ってキッチンペーパにひたし、それを細かくちぎってキャンバスに貼っていくという独特の手法で、やさしさ溢れるタッチと色合いの「ちよ子ワールド」を展開してこられました。

彼女は、もともと写真を趣味とする芸術家。やはり芸術的才能があるんですね。最近は、野菜絵画に留まらず、細かくちぎった新聞紙を利用した貼り絵の制作にとりかかっておられます。

「地球の平和と人々の幸せを心の底から祈ってキャンバスに向かっている。」と言われる言葉通り、本当にちよ子さんの作品を見ていると、心が癒され穏やかな気分になるから不思議です。





Chiyoko Art 1
新作
リスを指さす女の子
これが新聞紙からできた作品とは信じられない
。 







Chiyoko Art 2
新聞リサイクル作品第一作目
ベンチに座る少年は何を考えてるのだろう。
。 





Chiyoko Art 3
油絵
言葉はないが、馬と少女の会話がここにはある。





ちなみに、ちよ子さんは私と同じ熊本市出身 (私は若葉、ちよ子さんは水源町です・・・・熊本の人にしかわからないと思うが、これは歩いて10分の距離です)、二人ともモンタナに引っ越してきて6年目、同じ年齢です。 日本人が4人しかいないアメリカの田舎町に住んでいる二人に、こんなにも共通点があるのもおもしろい。
スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Kiyomi

Author:Kiyomi
家族: アメリカ人の夫一人
    21歳と19歳の息子二人
    悲しいことに一代目看板犬は2017年9月に逝きました。

熊本市からアメリカのモンタナ州に引っ越してきて15年目。

モンタナの大自然をこよなく愛する。

「イエローストーンホライゾンズLLC」というツアー会社、それにベッド&ブレックファストと貸コテージを経営し、世界中のお客さんと楽しく夏を (冬も)過ごしている。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード