アメリカのド田舎モンタナ州の自然と生活、そして私のお仕事であるツアー情報を紹介してます。                           

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミニハイキングのススメ (2)

前回に引き続き、本日紹介する「ミニハイキング」は、「ボイリングリバー トレイル」です


B river 1
マンモスホットスプリングスの近くにあるこのトレイルは往復2Km弱なので、無理なく気軽に歩けますよ



B river 12
ヌーッと、トレイルの脇から顔を出すエルク
このトレイル周辺はエルクが多いので、楽しみですが、注意してくださいね
そういえば、他に、今年はコヨーテをよく見かけました




B river 3
かわいい水鳥アメリカンディッパー
水中を力強く泳いで虫や藻や小魚を獲る様子が観察できます




B river 4
ガーディナー川沿いの平坦なトレイルを歩いて



B river 19
前方に蒸気がもくもくと出ているのが見え始めたら
もうすぐ終点




B river 5
はい
このトレイルの最終地点は「天然露天風呂」!!
イエローストーンの中で、唯一、入ることが出来る温泉です



B river 22
な~んにも施設はないので、
着替えはその辺りで人の目を気にせずチャチャッと済ませましょう
もちろんロッカーなどしゃれたもの等ありません
貴重品は持って行かないでくださいね





さて、突然ですが、ここでお客様のTさんご夫妻に登場していただきます
お二人は新婚旅行でイエローストーンに来られました

フライフィッシングがひとつの目的
そしてここボイリングリバーがもう一つの目的



B river 15
さすが、釣りの達人
滑りやすい川底もなんのその
ひょいひょいと歩いて渡って



B river 14
「特等席」のゲットに成功
(中央あたりでこちらを見て微笑んでいるカップルがTさんご夫婦)


B river 13
「特等席」というのは ・・・・
「いい湯だな  フ・フ・フン 」って鼻歌が出るような、
ちょうどいいお湯加減のスポット



なにしろ
ここは氷のように冷た~~~い川の水に
煮えたぎった熱~~~い温泉が流れ込んでいる場所です

全てを自然のままに、、、がポリシーの国立公園で
だれかがどこかでお湯をかき混ぜてくれる
そんなサービスなどありません

ので、ちょっと体をずらしたら 
右の肩はつめた!!!
左の肩はアッチッチ!!!状態なのです

自然は、、、、容赦なく、、、、厳しいです

でも、楽しいです





最後に、このトレイルについての注意を一言

B river 2

「ボイリング リバー」は近年人気急上昇してきて、1日に200人もの人が訪れるトレイルとなりました。川に温泉が流れ込むユニークな環境の下だけに生息する生物に恵まれたとても貴重な場所だったのですが、残念なことにその自然がどんどん破壊されてきてます。

そのため、守ってもらいたい規則があります。
ペット、自転車、石鹸、飲食禁止
午前5時~午後9時のみオープン
裸での入浴禁止
温泉が流れ込んでいるところでの遊泳禁止(お湯につかるだけ可)

基本的に
自然を大切に!

よろしくお願いします。




1時間以内で楽しめる「ミニハイキング」の紹介のはずでしたが、温泉に入っていたら3時間くらいかかっちゃいますね。

ここまで読んでいただいた後で、今さら手遅れではありますが、「ミニハイク」+「温泉」というタイトルに変えさせて頂きます。

では、みなさん、イエローストーンの「ミニハイク」+「温泉」を楽しみに来てくださ~い!!!







スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Kiyomi

Author:Kiyomi
家族: アメリカ人の夫一人
     16歳と15歳の息子二人
     看板犬一匹

熊本市からアメリカのモンタナ州に引っ越してきて10年目。

モンタナの大自然をこよなく愛する。

「イエローストーンホライゾンズLLC」というツアー会社、それにベッド&ブレックファストと貸コテージを経営し、世界中のお客さんと楽しく夏を (冬も)過ごしている。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。