アメリカのド田舎モンタナ州の自然と生活、そして私のお仕事であるツアー情報を紹介してます。                           

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

りすが残したエビフライ

雪が融けたので、久し振りに裏山に登りました。 標高1700m です。

back yard
遥か前方に、クレージーマウンテンが見える。

開拓時代、この山でネイティブアメリカンに夫と子どもを惨殺されてひとり残った女性が、あまりのショックと過酷な山中生活で気が狂ってしまったことから、「クレージー ウーマン マウンテン」という名前がつけられた。(昔あった、ロバート レッドフォードの「ジェロマイヤ ジョンソン」という映画が、確かその話だった。)

私は毎日クレージーを眺めて生活している。うれしかったことも、辛かったことも、全部クレージーは黙って聞いてくれる。よき友である






squirrel's pine seeds 1
ふと足元を見ると、何か不思議な物体が散らばっている。
いっしょにいた息子いわく、「これは、松ぼっくりの破片。リスの仕業だよ!」 
なかなか鋭い指摘である。我が子ながら、頭脳明晰であることに感激






squirrel's pine seeds 2
近くには、こんな形の残骸も。 
そういえば、ず~っと昔、少年自然の家で「リスが食べたあとの松ぼっくりはエビフライの形になる」と習ったことがある。
そうか、これがその「エビフリャー」かあ。なるほど、なるほど・・・・。






squirrel's pine seeds 3
落ちている松ぼっくりの破片をずっとたどると、





squirrel's pine seeds 4
こんな岩場にたどり着いた。 どうやらこの岩の下がリスの棲みからしい。 ちなみに、この辺はロッキー山脈なので、こんな岩がごろごろしている。



「リス」と言いましたが、本当はリスなのかチップマンクなのかポケットゴーファーなのかわかりません、リスに似た仲間であることは確かです。そして、「松ぼっくり」と言いましたが、これもダグラスファーという木の実で、正式に松ぼっくりと呼んでいいのかわかりません。そのへんのこと、ご存じの方、ご指導よろしくお願いします。




スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Kiyomi

Author:Kiyomi
家族: アメリカ人の夫一人
     16歳と15歳の息子二人
     看板犬一匹

熊本市からアメリカのモンタナ州に引っ越してきて10年目。

モンタナの大自然をこよなく愛する。

「イエローストーンホライゾンズLLC」というツアー会社、それにベッド&ブレックファストと貸コテージを経営し、世界中のお客さんと楽しく夏を (冬も)過ごしている。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。